京あんしんネット京あんしんネット
menu

よくあるご質問

Q京あんしんネット(メディカルケアステーション)とはどういったものですか?
A医療介護の質を上げることを目的に、ICTを活用して、医療介護に関わる多職種間の情報共有を進め、連携を深めるために用いる「医介連携専用ネットワーク」で、京都府医師会は、最適なシステムとして株式会社日本エンブレースが提供するメディカルケアステーションを「京あんしんネット」として採用しています。メディカルケアステーションは、患者単位のグループに医師、看護師、薬剤師、ケアマネなど多職種のスタッフを招待することによってチームを作り、完全非公開型でコミュニケーションをすることができ、全国170以上の医師会で正式採用されている実績のあるシステムです。
Q特別なハードやソフトは必要ですか?
A必要ありません。インターネットに接続できるパソコンやスマートフォン、iPadなどのタブレット端末からアクセスするだけで、簡単にご利用いただけます。ただし、セキュリティの観点から最新のブラウザーでご利用いただくことを推奨しています。
QITに不慣れなスタッフでも使えますか?
Aはい、誰でも簡単に使えます。京あんしんネット(メディカルケアステーション)の操作画面は、余計な機能を省くことでとてもシンプルなつくりになっています。基本的な操作は、患者のタイムラインを「見る」「つぶやく」というたった2つだけです。どなたにも簡単かつ気軽にご利用いただけます。
Q添付可能なファイルの種類とファイルの大きさの制限はありますか?
A添付可能なファイルの種類の制限はありません(画像、pdf、エクセル、ワード、動画など何でも可能です)。サイズは、1つのファイル添付につき50MBまでとなります。
Q音声入力はできますか?
Aはい、例えば、iPhoneなら無料のSiriを利用して音声入力が可能です。
Qセキュリティについて教えてください。
A京あんしんネット(メディカルケアステーション)は、医療介護専用の完全非公開型のコミュニケーションツールで、患者ごとにグループを作り、多職種の顔の見える関係を完全非公開でご利用いただけます。また、暗号化通信はもとより、招待・承認フローによるきめ細かいアクセスコントロールの提供など強固なセキュリティを構築しています。また、京都府医師会では厚生労働省の医療情報システムの安全管理に関するガイドラインに準拠して医療・介護従事者が利用できるようにセキュリティ運用に関するポリシーをご用意しています。
Q同一法人内で別事業所(訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、リハビリテーション事業所等)がある場合それぞれの事業所と京都府医師会が誓約書を交わす必要があるのか。一括でできるのか、どう取り扱うのでしょうか?
Aそれぞれ契約書を交わしてください。
Q使用者にとって無料はありがたいが会社(日本エンブレース)としての利益はどこにありますか?
A日本エンブレース社は、医療介護従事者から費用をいただくのではなく、各種システムベンダー、ビジネスパートナーとの協業によりパートナー企業からMCSへの接続料等の費用をいただき運営費をまかなっております。
Q具体的にいつから運用できるのか?
A原則、体験説明会参加後にIDを発行いたしますので、その時点から利用可能でございます。
Q別紙3「業務情報保持に関する誓約書」・別紙4「在宅医療における個人情報使用同意書」は事業所が保管し、従業者は事業所ごとに別紙3を提出するのでしょうか?
A書類の保管、提出についてはその通りでございます。
Q登録アドレスの制限はありますか?(キャリア系、PC、Free mailなど)
A登録アドレスの制限はございません。
Q災害時や緊急時のために、患者単位ではない(通常利用の)グループラインで(参加医療機関)全体の緊急連絡網の代わりに利用することは、可能でしょうか?
Aその場合、自由グループを作成し利用可能です。特に災害時には有効であるという事例がMCSを導入している他の県医師会からもあがってきております。
具体的には、例えば「●●地区災害時連絡網グループ」といったグループを作成し、そこにかかわるスタッフを招待してご利用いただくこととなります。
Q介護事業者向けに、本システムへの参加を案内するための説明パンフレットなどを作成される予定はありますか?
AMCSについての説明は、「京あんしんネット」の公式ホームページおよびメディカルケアステーションの公式ホームページをご覧いただけるとご理解いただけます。また、パンフレット・チラシも作成予定ですので、そちらもご参照をお願いいたします。
Q体験説明会には介護事業者の方たちも参加いただけるのでしょうか?
A介護事業者の方々に参加いただけますので是非お声がけください。
Q本システムに参加している医療機関や介護事業者を一覧できるようになりますか?
A必要に応じて京あんしんネット事務局にお声がけいただくことになります。
Q特徴1のところに使用機種、端末に依存せずPC・スマホ各種タブレットに対応と記されていますが個人が所有するスマホでも可能でしょうか?
個人の私物利用の場合、セキュリティやそれに伴う通信費用などはどのように考えたらよいのでしょうか?
Aセキュリティ上、専用端末での利用が推奨されますが、個人の端末であっても、厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」にもとづいて、セキュリティ運用(ナンバーロックをかける、ウィルスチェックソフトを導入する、パスワードを定期的に変更するなど)を行うことを推奨しております。
通信費用は、インターネット接続分について発生するわけですが、それを事業所負担とするか、個人負担とするかは各事業所の判断になるかと思います。
Q運用ポリシーP. 18の貴社と医師会・自治体とのアカウント契約は無料ということですが事業所単位の通信費につきましてはどのようになりますか?
Aインターネット接続分はご利用の通信キャリア(ドコモやAU)に対して費用は発生しますが、MCSを利用することで何か追加で費用がかかるわけではございません。
Q全体会議に出席していませんが、体験説明会に参加できますか?
Aご参加いただけます。
Qすでにメディカルケアステーションを導入済みの場合も、改めて利用申し込みが必要でしょうか?掲載の利用申込み書には、すでにそのメールアドレスでメディカルケアステーションを利用しているかどうかのチェックがありませんので、重複申し込みになるのではないかと懸念しています。
A既にMCSにご登録いただいている方については、「京あんしんネット利用に係る連携守秘誓約書」を京あんしんネット運営事務局にご提出いただければ、「京あんしんネットユーザー」として、現在のIDをそのままご利用いただけるよう、お手続きをさせていただきます。
尚、「京あんしんネットユーザー」の方は、「京あんしんネット全ユーザーグループ」にご参加いただくことになります。加えて、京あんしんネットではかかりつけ医がID管理者になりますので、かかりつけ医が所属しない事業所においては、京あんしんネット運営事務局がID管理を行います。
Qすでに連絡ノートなどで連携を形成しているグループに、医療/介護施設以外のメンバーが含まれている場合(教育機関、行政機関など)もあんしんネットの枠組みを利用した連携を適用することは可能でしょうか?または、メンバーの資格に何らかの制限はあるのでしょうか?
A医師会向け特別契約を結べば、京都府内のすべての医療介護施設がその対象となります。MCSは、医療介護従事者専用ですが、例えば学校のカウンセラーや行政(地域包括支援センターのスタッフ)など、医療介護にかかわるスタッフであれば現場での判断で利用いただけたらよろしいかと思います。
ただし、例えば、医療介護側のタイムラインに民生委員や後見人などが入ってくるのは本来の使い方ではありません。
Q利用申込みについてFAXでも郵送でもよいとなっておりますが、申込み書式を見ますと押印するような様式となっており、FAXの場合、押印は現物になりませんがそれでもよいのでしょうか?
A「京あんしんネット利用申込書」に関しましては、利用者様のIDを発行する為の申込書ですので公印ではなく、管理者様のご捺印をいただいております。 (シャチハタでも可能です。)こちらはFAX、郵送どちらでもお受付いたしております。但し、「京あんしんネット利用に係る連携守秘誓約書」に関しましてはご捺印いただいたものを必ず郵送でお送りください。FAXでのお受付はいたしかねますのでご了承くださいませ。
Q契約が切れた後は、SIMフリーのタブレットになるわけですね。タブレット自体は、半永久の無償貸与でしょうか。
Aご質問のとおり、契約が切れた後は、SIMフリーのタブレットとして、タブレット自体は基本的には半永久の無償貸与になります。
ただし、SIMロック解除の手続きは、契約日より181日目以降に可能となっておりますので、それ以降であれば、他社のSIMも利用できるようになります。(2017年1月17日契約ですので、2017年7月16日以降から可能です。)
Q無料修理の保証期間などはないのでしょうか。
A保証期間はメーカー保証の1年となります。ただし、ご利用者様に貸し出しが始まってから1年ではなく、端末販売成立日2017年1月17日から1年となります。保証の範囲につきましては、あくまで自然故障となり、 外傷、水没などは含まれません。
Qたとえば3年後に自然に故障したりバッテリーが弱った場合、修理に1万5千円かかると言われたら普通は買い替えたくなりますが、修理して返却しないといけないのでしょうか。
Aタブレットを使用される中で故障が発生し、修理して使用の継続を希望される場合は、その修理費用について各自ご負担をいただきます。なお、返却時にタブレットが故障していた場合については、修理しての返却までは求めません。